車査定の井戸端会議

車買取業者と金券ショップの業者同士の金額差を比較

街を歩いていると、買取に関係する店舗を見かける場合があります。
比較的身近な店舗の1つは、金券ショップではないでしょうか。

 

金券ショップでは、もちろん金券を買い取ってくれます。
お店のスタッフに図書カードや商品券などを提示しますと、
換金してくれる訳ですね。
商品券などはあまり頻度多く使いませんので、
換金する方がメリットが大きな一面もあります。

 

ところで、車の買取店も街中ではたまに見かけます。

 

金券ショップと車買取店は、どちらも「買取」を行っている点は共通していますね。

 

しかし両者は、業者の提示金額の差に違いがあります。
結論から言えば、車買取業者の方が業者による金額差が大きいと思います。
というのも次のようなデータがあるのです。
98%と96%と95%と90%と97%です。この5つが何を示すかというと、金券ショップの換金率です。

 

完全にランダムな5つの業者の換金率を見たものです。
ご覧の通り、各社でそれほど大きな差はありません。せいぜい数%前後の差ですね。
もっとも90%の業者は、やや低めではあるのですが。

 

それに対して、車買取業者の場合はもっと差が大きいと思います。
上記のような換金率で申し上げるとすれば、80や60や40や70といったところでしょうか。

 

買取業者によっては数十万円程度の差が
つくことも珍しくありませんので、
車の場合はやや業者同士の差が大きいと思います。
特にその傾向が顕著なのは、輸入車ですね。

 

 

海外から輸入されている車の場合、そもそもタマ数が非常に少ないです。
それだけに、業者間での差もかなり大きいですね。

 

つまり金券ショップと車買取店はどちらも物品の買取を行っている点は共通しているのですが、
業者間の金額差となると車の方が大きい訳です。
ですので車の場合は、金券ショップ以上に業者選びが大事になるでしょう。

人によっては年式がちょっと微妙な車を業者に売っている事があります。私の親戚がその1人なのですが、ある町田市の業者にそれを売ったのですね。ちなみに親戚が持っていた車の場合は、10年落ちのタイプです。10年落ち車というのは買取金額が微妙になる事が多いですが、実際親戚もそれを経験したようですね。

 

近所では売却が厳しかった親戚の車

 

その車を手放したいと思った親戚は、まず近所のお店で査定を受けたのだそうです。ところがちょっとショッキングな話を聞いてしまい、無料引き取りになると言われたそうです。

 

前述のように10年落ちの車は、ちょっと買取が厳しくなる傾向があります。中には無料引き取りどころか有料での処分になってしまうような業者もあるそうですね。親戚の車は年式の問題から、ちょっと厳しい状況だったそうです。それを聞いて、親戚はちょっとがっかりしてしまいました。

 

10年落ちの車を高く買ってくれたある町田市の業者

 

しかし親戚は、諦めきれませんでした。もしかするとどこかの業者ならば、10年落ちの車でも高く買ってくれるのではないかと思ったのです。それで改めてインターネットで情報を調べてみたところ、ある町田市の業者に注目しました。かなり創業年数が長い業者なのですが、そこでは10年落ちの車でも買い取っている事が何度かあったようですね

 

参考サイト:タントの買取、査定で損せず高く売り切る売却術

 

試しに親戚は、その業者で査定を受けました。すると、思わぬ高値が付いたようですね。親戚が持っている車の場合はプレミア価値が高いものなので、それが高く評価されたそうです。また色などもかなり珍しい車だったので、上記の業者よりも遥かに高い金額になりました。思わぬ高値が付いたので、親戚はとても喜んでいたのですが。

 

それと最近になって、親戚の手元に名義変更が完了したという書面も届きました。それで更に安心できたようですね。良い業者を見つける事はできて、親戚はとても嬉しそうでした。

続きを読む≫ 2015/04/10 02:06:10

名古屋にあるカーリユースという業者で車を売却するまでの流れは、全部で4段階になります。
まず1段階目ですが、カーリユースに対する連絡です。この名古屋にある業者への連絡方法は2種類あって、インターネットもしくは電話ですね。公式サイトにある所定のフォームに情報を入力しますと、カーリユースのスタッフから連絡があります。その際に車の引き取りの日程と、書類に関する説明が行われる訳です。

 

そして2段階目は、カーリユースによる車の引き取りです。ただしその際に、カーリユースのスタッフによる諸々の確認が行われます。その1つは、放射能の検査だそうです。

 

なぜそれを行うかというと、カーリユースの場合は海外に対して車を輸出しています。放射能測定を行って、一定の水準を上回っていないかどうかを確認する為です。水準を上回っていますと、買取は不可になるようです。

 

ちなみにカーリユースには、査定はありません。

 

もちろん下回っていれば、特に問題はありません。なおこの引き取り手続きの際には、カーリユースのスタッフに対して書類を手渡す必要があります。このため当日は立ち会いが必要になりますね。
>セルシオの買取・下取りで損をしないテクニック

 

第3段階は、諸手続きです。買取業者に車を売却すれば、名義変更などを行ってくれますね。名古屋のカーリユースも、それを代行してくれる訳です。また廃車手続きなども、この業者が代行してくれます。売り手に対しては、極力手間がかからないシステムになっている訳ですね。

 

第4段階は、カーリユースによる支払いです。ただこの業者の場合は支払いパターンが2つあって、即日払いと数日待つパターンです。前者のパターンの場合は、第2段階の車の引き取り時に支払われる事になります。

 

後者の場合は何を待つかというと、海外業者による車の買取です。この業者の場合は顧客から買い取った車を、海外の業者に流しています。ただし海外に流す関係上、しばらく日数を要するようですね。その代わり即日払いに比べると、買い取り金額が高めになるのだそうです。かなり珍しいシステムを採用している買取業者だと思います。

 

以上がカーリユースによる車買取の流れですが、個人的には4段階目の2つの支払いパターンが少々特殊だと思います。

続きを読む≫ 2014/12/18 18:13:18

車を買い取り業者に売却する際には、支払い方法が大きなポイントになる場合があります。その理由ですが、人によっては速やかに現金を受け取りたいと考えている事があるからです。銀行振り込みよりも現金の方が助かるという方もいらっしゃるでしょう。

 

また現金支払いの業者の場合は、二重査定が行われる可能性も低いと思います。現金受け渡しは、たいてい当日支払いになるからです。二重査定というのは、査定日から数日経過した時に発生する事が多いです。しかし即日支払いであれば、2段階目の査定が行われる懸念もありませんね。それを考えれば、車買取での現金支払いはとてもメリットが大きいと思います。

 

ところでトラックという車種の買取でも、それは同様です。トラックという車種を買い取っている業者の場合は、現金支払いを採用している所が非常に多いですね。しかも当日支払われるケースがとても多いのですが。

 

では具体的にはどのような業者があるかというと、トラックファイブです。その業者の場合は、即日現金払いになります。即日というのは、もちろん査定が行われた日です。査定が行われてから数日後ではありません。ですのでこの業者の場合は、二重査定が行われる懸念はまず無いでしょう。

 

ただし人によっては、現金支払いではなく振り込みの方が都合が良いと考えている事もあるでしょう。あまり多くの現金を持ち運びするとなると、ちょっと不安がありますね。
オデッセイ 買取

 

それが理由なのか、トラックファイブでは銀行振り込みにも対応しているそうです。ですので必要に応じて、銀行振り込みを依頼してみると良いでしょう。
トラックファイブの場合は、買取額の支払いに関する安心感が感じられますね。それがこの業者のメリットの1つだと考えます。

続きを読む≫ 2014/12/18 17:08:18